おもちゃの記憶

「使い捨て」が当たり前の時代。

くるまだち木工室は

「自分のつくったおもちゃを大切にしてほしい」

「おもちゃとの過ごした時間が心に残りますように」

そんな願いを込めて活動しています。

以前、とあるイベントで、

「自分のプラレールの列車を持ち込んで、自宅では組み立て不可能なサイズの線路を走らせる」という体験をしました。

遊び飽きておもちゃ箱に眠っていたプラレールたちを片手に、

それはそれは嬉しそうに遊ぶ息子たちを見て、

みんなで遊ぶことの大切さ、おもちゃの持つ可能性を実感しました。

4/6(土)・7(日)のワークショップ(詳細はプロフィール内に掲載のHPをご覧ください)では、そんな試みに挑戦!

前回のワークショップに参加されたお友だちにも次なる機会を、アレコレ考えましたよ↓

自分の車を持って遊びにきてね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1. 設計士&大工さんのつくった特設コースで走らせて遊ぼう(無料)

2. 車の修理承ります(無料)

3.紙やすりコーナーで、削って磨いて完成度をあげよう(無料)

4.新入荷のパーツを貼りつけて再カスタマイズできます(100円)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

微力ながらも、信念を大切に活動を続けていけたらと考えています。

くるまだち木工室

「くるまだち木工室」は 子どもたちと一緒に木を学びながら木の作品を作る、ワークショップ型の木工教室です。 木という身近な素材から、子どもたちの想像力と創造力を広げ、ワクワクと自己肯定感を育みます。 木育を通じて「木と人を繋げる」活動をしています。 教育施設やイベントなど、子どもが集まる場所へと赴きます。お気軽にご相談ください!

0コメント

  • 1000 / 1000